金魚のひとさらい日記



<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


イベントを企画しました

12月23日(祝)



登山



ま、といっても23区内(笑)


でも侮るなかれ、冬山ですからね。
最高峰は新宿の戸山にある箱根山。
最低峰は未認定の王子飛鳥山。


高田馬場駅ロータリーに12時集合です。
今回は自転車はなし。歩き/ちんちん電車/路線バス/電車。

登頂制覇のあとは飛鳥山温泉でひとっ風呂。

そのあとはTNAですよ。



奮ってご参加ください
by kingyobus | 2010-11-28 08:59 | お知らせ

月三日の休みで頑張るトップシーズン

今年も不況不況といわれながら大忙しのトップシーズン終盤戦に突入の金魚です。
砂川のコマーモーから「ウチの中隊長は金魚ブログのファン」ってききつけ、小躍りしちゃった!
まめな更新を心がけたいとおもいます。
今度砂川の飲み会に誘って下さいね〜♪


火消しのオトコの殿も泊まり勤務のため、これぞほんとの
すれ違い夫婦
をやっております。
せっかくの休みも二人一緒ではなく、どちらか一人でお休みで。
毎年のことだが、一言の不平も言わずに居てくれる殿には感謝しています。
昨日は久々(約二月ぶり)で一緒の休みだったの。
日帰り温泉でも行く?って金魚のリクエストに、
『温泉だと一緒にいる時間がないでしょ』って殿。

それぞれ仕事を持つってことは、互いの仕事を
認めて理解するってことなんだね。

いつもありがとう殿


さて、日々の忙しさから金魚はデジカメをもって行く事すら怪しげで。
twitterにちょこちょこはアップしているのでいいかな?って甘んじてるのだ(とほほ)

で初心にもどり、先日の会津〜松島〜仙台の二泊では持参したしだいだ。
そのときは羽田空港受け、羽田送りで島根からの社員旅行のみなさんだった。
ガイドさん付きで、意外にもタイトな行程な三日間。
夏タイヤだし...なんだか不安がつのるスタートだった。

羽田から一路、会津白虎隊の飯盛山へ。
d0110340_1952811.jpg

その後、鶴ヶ城へ。天気も突然の雨.紅葉は丁度いいころでした。
d0110340_19543246.jpg

改築中なのね。
d0110340_1955931.jpg

天気だったらさぞよかっただろうにね。
d0110340_1956618.jpg

d0110340_19571480.jpg

宿入り「東鳳」さんへ。6台口なんてきてた。さすがトップシーズンだね。
d0110340_19582355.jpg

d0110340_2015488.jpg



二日目
野口英世記念館のある猪苗代湖へ。
d0110340_2021688.jpg

さぶかったです。
その後は宮城へ。塩竈でお昼&遊覧船です。
今回の旅はエージェントの連絡不足が目立ったわぁ。
初日最終日とお昼はお弁当積み込みだったのだが、乗務員の分があるってことが連絡きてなかったし、この塩竈でもレストランに乗務員食を頼んでたのも知らせてこない。
てっきり昼無しだと思って来た金魚とガイドさんだったで、遊覧船受けの松島でなにか食べようって話になってて、バスを走らせていたら追いかけて来てくれたレストランの支配人だった。
追いかけて来てくれるレストランだけあって、味もサービスも満点!
d0110340_2074049.jpg

500円であつあつのカキフリャ〜をいただいたよ。
塩竈の遊覧船乗り場には金魚の日本酒友達がいてね。
彼は遊覧船「◯文」の職員さんでラバネロ乗りなのだ。
今回も浦澄のうまーな4合ビンをお土産に持たせてくれた。


で、すぎょ混みの松島へむかったわけ。
五大堂の駐車場はバスが空き待ちするほど。
d0110340_2093654.jpg

待ち合わせには一時間以上あったので、金魚は内職を。
もうすぐクリスマスだから、ルームミラーのステイにツリーを飾ったり.
d0110340_20105717.jpg

その後は塩竈神社へ。こちらも最高の紅葉。
d0110340_20143339.jpg

d0110340_201447100.jpg



いつもならこの後は宿入りなのだけど、その日は夕飯送迎付きだった。
焼き肉屋の食べ放題で夕飯して、宿のある仙台駅へ送っていく行程だった。

事件発生

ゲロ吐いた客がいた
一言も告げず
黙って下車

具合が悪くなったのなら、一言言ってくれれば、バス停めたのに。
床に大吐き。
片付けた形跡もなく
ティッシュで覆い隠す訳でもなく
「ごめん、やっちゃった」でもなく



地獄におちやがれ!



幾重にも残骸を梱包して、その野郎に突き返してやろうかとも考えた。
その夜、腹が立って腹が立ってよく寝られなかった。
どう仕返してやろうか?とかどうやったら気が収まるかとか。


一晩考えて出した結果が以下の通りです。
mixiの日記にもあげましたが、それを転記します。


「おはようございます.
いつもならガイドの方からご挨拶申し上げるのですが、今回の二泊三日の最終日にもあたる本日はわたくし運転士が先にマイクをとらせていただきます。
昨日一昨日と、二日間、おくつろぎいただけるよう安全運転に勤めて参りました.滞り無く予定通り運行できましたのも皆様の御協力いただけましたものとおもっております。ありがとうございます。
さて、最終日の本日、何点かのお願いがあって運転士の私がマイクをとらせていただきました。
1つは、このバスで出たゴミのことです。今日までは泊まる宿屋で出たゴミを受け入れてもらえましが、本日は最終日、どうか出たゴミはみなさまで処分をお願いいたします。
そしてもうひとつ。
バスご乗車中、御気分が悪くなったりお手洗いのご要望がりましたら、お気になさらずお伝えください。
と、いいますのも昨日、皆様とお別れしたあと駐車場へ回送する際、お忘れ物がないか点検をしていましたところ、大変、残念なものが残されており、私ら乗務員、とってもがっかりするようなものが車内に置き去りになっておりました。
とても悲しかったです。
皆様を楽しい旅へ少しでもお手伝いしたいと頑張ってきましたのに、とてもがっかりするような忘れ物がありました。
どうか、具合の悪くなったときは私ら乗務員へお知らせ下さい。できる限りバスを停車させていただきます。
また、待っているほど時間がない場合には、座席の目の前のポケットにはエチケット袋を用意させていただいております。
小間物屋は床になさらず、どうかその袋へお願いします。

皆様には至らない点、お気に召さないこと多々あるかと思いますが、本日最終日もどうぞ宜しくお願いいたします。」



ガイドさんに解決をお願いしてもよかったのですが、バスは金魚の大事にしている金魚のバス、ガイドさんの話でらちがあかなかったり金魚が納得いかない方向に持って行かれるのが不本意だったのでそうしました。


これが正解だかどうかはわかりませんが、金魚が出したこの答えが「金魚の金魚しかできない金魚の仕事」。
日々勉強なのですね。


こんな客ばかりを相手にしている救急隊のみなさんからすれば、へでもないことなんだろうなぁ。
殿がぽつりと言ってた。
「そんな客はいつもだからね」って。

金魚はまだまだだ。


この事件の後は、羽田まで滞りなくお送りし業務終了となりました。
バス屋の道は遠く険しい、ひとさらい暦17年になりましたが、改めて肝に銘じた旅でした。
by kingyobus | 2010-11-23 20:33 | 総括


バス転がしひとさらい金魚のお仕事をこっそりちょこっと 
ちゅいったー
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧