金魚のひとさらい日記



<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


久々のひとさらいは名古屋

片送り、片迎えの仕事があすから入ります。

明日は埼玉から片送りで名古屋の手前の大府市へ。
明後日31日は停め置きで動かず。
帰りは4月1日お昼に出発、東京へ。

太田川って駅前の宿屋に2泊。

なにか楽しまなくっちゃね。


何かおすすめスポットやらあったらおしえてください。
by kingyobus | 2011-03-29 22:52 | お知らせ

よし!





被災地を被災者をおもうとこんなこと言ってはいけないのかもしれないが、金魚あえて言わして頂く。

自粛自粛
自粛だけじゃ復興なし

気づいて欲しい、被災地ではない場所で破綻している人が会社があるってこと。

放射能におかされてる野菜?
放射能におかされてる水?

がたがた騒がない

おたつかない


放射能におかされてる水だ?
放射能とは別物だが、都民の水瓶・狭山湖に遊びに来て立ち小便している輩があと絶たず、その水をとうとは知らずに都民は飲んでるんだよ。


がたがた騒がない


自粛では復興はならず


死んでるも同じ今の日本

日本に命を吹き込めるのは生き残った私らしか無いんだよ
by kingyobus | 2011-03-25 11:53 | ひとりごと

きらきらま◯こ 私はま◯こ





金色に塗りたくったま◯こってか?


最近の金魚のはやりを
by kingyobus | 2011-03-22 09:49 | 動画

あれこれ地震

新潟の父方の田舎は今、福島原発の同じ町内の出身のお婿さんがいとこと跡をついでいます。
ちょっと前の新潟中越地震の際はその福島の親戚の方々が沢山の協力をしてくれ、田舎の一家を支えてくれたと聞いています.
跡を継いでくれた兄は全壊した家と荒れ果てた何町歩もある田んぼを沢山の借金を背負い復興してくれています。
中越地震がやっとこさ落ち着き暮らしがもどってきたら今回の東日本地震、しかも原発爆発。
兄は役場に掛け合い、福島の親戚をいち早く呼び寄せたようです。
受け入れを許可してくれた町役場は原発爆発の翌日で、受け入れ施設は使っていなかった蚕施設。
福島の親戚のみなさんは避難20キロの範囲内っていうより、その原発中心部の人たち猶予はなかったのです。
「こんどはわたしらが協力する番だ」って言ってた。
恩きせることもなく、偉ぶるわけでもなく、言葉少なに迅速に行動を起こした兄、猶予もない受け入れをこれも迅速にGOを出してくれた役場。
慣れ親しんだ家を出て来なければならない福島の親戚のみなさんを思うと.........。


日本人はそんなヤワじゃないって被災者のおじいさんがいったそうな。


よし!いっちょやってみるか!
by kingyobus | 2011-03-22 08:16 | ひとりごと

東日本大地震のなかひとさらい

地震当日の3/11から昨日の3/15までアメリカからの家族旅行を担当していた。
おじいちゃんおばあちゃんご夫婦にその4姉妹とその連れ合いと子供達とお友達やら彼女や彼氏やら16名の皆さんと都内観光〜鎌倉〜箱根〜伊豆、最終日は三島で新幹線に乗せて金魚のひとさらいは終了するものだった。

今回は益美さんというお母さんガイドさんが同行し、どの宿も一流のに連泊、バスも最上級、使う新幹線ももちろんグリーンというとてもリッチな旅、その益美さんは19日まで連勤というハードなものだ。

大揺れの初日、帰庫することを断念した11日
金魚を考慮して急遽乗務員を交代してしまった12日
さんざん悩んで伊豆へ2泊3日に出発した13日
計画停電で宿がある修善寺から混乱する道路状況で出られない14日
新幹線が走るのか気をもみ、最悪不通なら静岡駅まで金魚バスでいく条件がついた最終日15日。


大幅な行程の変更中止、二転三転する予定。
金魚は決定したことをこなすだけだったけど、それをお客様/エージェント/金魚/現場状況とすべてと相談しながら促し承諾をとりうまく事運ぶように取りまとめてくれたガイド益美さんはさぞ大変だっただろう。
右往左往することなく淡々と一つずつ問題を解決し、慌てず騒がず冷静さをたもっていた彼女はさすがだった。
運行に当たって、金魚もかなり大変だった。
ご乗車いただいている間は、いくら天災とはいえ全ての責任は金魚にあるのだし、遥々アメリカから来たお客様の安全を確保するのに全力をつくした。
大した距離の移動ではないのに、何百回と走っている道なのに、細心の注意を払ったせいか疲労困憊だった。


伊豆ですら給油には事欠き、何軒も廻ってやっとタンクを満タンにできた。
時と場合によっては静岡まで送らなければならないし、地震が新たに起こり津波の心配があれば東名は使えないし、最悪、車中泊をも考慮、金魚のバスでお客様以外の少しの人でも暖が取れ休息ができるようにしたかったので。


無事にこうしてブログをupできる今、言える事は今回はお客様に恵まれた事。
ネットの世界が万全な今日、日本では地震の他、被曝の危険性があることを彼らは勿論知っている。
そんな恐怖の中でも、早く大丈夫な場所へ連れて行け!なんて言う事もなく、伝えてくることといえば
「あなた方は大丈夫?あなた方だって初めての経験なのでしょう?その(精神的)ダメージを受けてるでしょう」って。
異国の地この日本にきて地震にあって観光どころではないのに...
だからこそこの人らを守らなくっちゃって思ったね.


そんなお客様を笑顔絶やさず受け入れて下さった宿屋さんに恵まれた事。
東京では日比谷「ペニンシュラ」さん。
修善寺では「柳生の庄」さん。
柳生の庄さんでは日中、伊豆観光するはずがソレどころではなくなったお客様を万全の体制でもてなしてくれた。
最終日の三島へ向け出発するときの柳生の庄さんのお見送りには圧巻だった。
こんなにすばらしいお見送りをしてくれた宿屋さんが他にはあったかな?っておもえるぐらい。



お客様をはじめとし、エージェントとのやり取りをしながら旅を最善のものにしてくれたガイドの益美さん。
今回の旅で彼女から教わったのは「一生懸命やる」ってことの大切さだ。
手前味噌だが、金魚もそう「一生懸命やって」きたから今があるのだが、その重要性を再認識できた。
ご自身でも仰るようにガイド経験が少なく、ましてや個人旅行のガイドが多かったようで団体を相手にしていていないのがよく判ったが、彼女の一生懸命さがお客様を安心へ誘ったように思えてならない。
時間は多少要しても1つ1つを的確に丁寧に解決し良い方向へ導く彼女と一緒に仕事ができて本当によかった。


いろんな人や事やタイミングで今回の金魚が担当する旅は終わった。
無事終われたことは奇跡なのかもしれない。
益美さんをはじめたくさんの皆さんに感謝を申し上げたい。
ありがとうございました。


そして、厳戒態勢で任務についている殿、無事の帰りを待ってます.



まだまだ沢山記しておきたいことが沢山有るが、それを記したくなったらそうしよう。
そして今回の伊豆で疲れ果てた私たち乗務員を静かに少しでも休めるようにもてなしてくれた「金福荘」さん。
私ら2人だけなのに最高のお料理を用意してくれ至れり尽くせりしてくれたことをココに記します。
d0110340_7465076.jpg




最後に
ガンバレ日本
by kingyobus | 2011-03-16 07:50 | ひとりごと

11-03-11 東北関東大地震

金魚無事です。

11日14時40分ごろの地震が起きたときは金魚は飯田橋、5号池袋線の桁下にいました。

生まれて初めて地鳴りをききました。

もちろん仕事。

お客様と神楽坂でどうにかこうにか落ち合えて、ホテルのある日比谷ペニンシュラまで。

所要時間は3時間10分。それでもペニンシュラ手前の馬場先門でその時間。

こわかった。

未だカラダが震えて。

殿は当番勤務。

火事場出場中。

なにも覚悟の上で一緒になったけど、胸がはりさけそうです。


無事の帰りをまつばかりです。
by kingyobus | 2011-03-12 08:52 | お知らせ

お客様は殿の会社のご一行様

殿の会社の皆さんと一泊旅行にいってきた。
数名の方のお祝いをするのが今回の目的で、呑めや歌えのワイワイ旅行だった。
いつも金魚を可愛がってくれる方やら、ご無沙汰してました方、初めましての方、23名ご一行様だ。

夜勤明けの皆さんを乗せて、まっすぐ伊豆長岡伊豆長岡へ。
お天気も悪くってスタートから雨。次第に雪っていう有様。
道中はトイレ休憩各駅停車はお決まりで、中のお一方はどうも腹の調子が悪くって。

お宿は井川館さん。
ピンクokなお宿だったのでてっきりスパコンを入れてくるとおもったが、今回はお祝い!だもん、普通のコンパさんだった。でも豪勢よ、3対1で8名のおねいさんだからね。

今回のお祝いのみなさん
大まーも
d0110340_1192654.jpg

ハーレー転がしのおじさん
d0110340_11101354.jpg

けち/金/オンナ/寝(ってご紹介されてた)のおじさん
d0110340_11101937.jpg



今回の幹事さんでもある彼は火消しにしておくのはもったいない(笑?)な名幹事で宴会の司会もごらんのとおり。
d0110340_11142512.jpg

金魚がにんまりしちゃうような所まで気遣ってくれる幹事さんで、宿入りの時のバスのお掃除も若手のみなさんに号令をかけてキレイにしてくれたり。
部屋に入る前にはシャンパンとチーズのセットを持たせてくれ、お仕事で御一緒させてもらっているのにお姫様待遇にしてくれる彼だ。
宴会も同席にと手配してくれたり、お部屋だってせっかくだからって殿と二人部屋にしてくれたり。
ほんと至れり尽くせりの旅だった。

ありがとうございました。


では、宴会名場面を



ん?
d0110340_11233165.jpg


こんな対戦を何度もやって
d0110340_11242112.jpg


あれ?お金勘定でしょうか?
d0110340_11253285.jpg


通称コップのおじさんは恐山のイタコ状態
d0110340_11331891.jpg



楽しい二日間でした。

でも、殿は楽しめなかったんじゃないかな???
by kingyobus | 2011-03-03 11:35 | 泊まり


バス転がしひとさらい金魚のお仕事をこっそりちょこっと 
ちゅいったー
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧